(1)プチ席亭なんてやめておけ


これから、楽しみとして落語会を開こう、という方のために、その方法を具体的に書いてゆきたいと思います。

あくまで、趣味として落語会を開く場合です。最近はやりの言葉で言うと「プチ席亭」です。

その旨、ご了承ください。

 

ちなみに、「プチ席亭」とは、小さな落語会を自分で主催するような人のことです。

2016年のこの記事が語源といっていいでしょう。

落語家さんを呼びたい 大人女性がはまる「プチ席亭」(NIKKEI WOMAN SMART)

 

 

 

…落語会をやりたいとお考えですか。

さて、どういう理由で落語会をやりたいと考えているでしょうか。

家から近い場所で生の落語を聴きたいと考えた。

余興として呼ぼうと考えたから。

落語ができそうな良い空間があった。

家から歩いてゆける場所で、生の落語を聴きたいと思った。

 

な る ほ ど。

 

落語会を開く理由はいろいろあると思います。

ただ、その理由が「落語家が・落語が好きだから」という場合は、少し立ち止まって考えてみてもいいかと思います。

 

実は、落語会を開くのってけっこう大変なんです。

まず、お金がかかる。

会場が必要。

お客様を集めなければならない。

落語家さんや周囲と交渉が必要。

当日の運営がある。

 

落語を聴くまでの道のりが、観客として客席に座って落語を聴くよりはずーっと大変なんです。

その分よろこびも大きいわけですが、落語そのものと向かい合うより「周辺の人・もの」と向かい合う割合のほうが大きくなります。

そういう交渉ごとや接客などをサークル活動や仕事などでこなした経験のある人はともかく、そういうことが不得手だったり経験が少ない人の場合、落語を聴く・聴いてもらう喜びよりも、そういう周辺のことで神経をすり減らしてしまって、結果、落語を嫌いになってしまうことがあるかもしれません。
今まで、そういうことで開いていた落語会をたたみ、落語を聴くのもやめてしまう人も見てきました。
できれば、そうなることは避けてもらいたいんです。

 

あと、ぶっちゃけた話、落語会を主催する側になると、落語会の見方・関わり方が変わってしまいます。

この人は自分がやっている落語会に呼ぶことができるかな。ギャラはいくらになるかな。どうやって交渉すればいいのかな。

宣伝はどういうふうにやっているのだろう。この落語会の狙う客層は。

スタッフの動きはこれでいいかな。照明は。音響は。空調は。等々、重箱の隅をつついたような見方になる。

そういう要素をチェックすることが、落語を楽しんでいても頭の片隅にこびりついて離れなくなる。

異なる楽しみ方ができるとも言えますが、一方で、語りそのものを純粋に楽しみづらくもなります。

 

落語を聴くことだけ好きだったら、観客のままでいる、というのもひとつの手段かもしれません。

遠くに行くのが面倒だとしても、観光ついでに落語会に足を運ぶほうが楽しいかもしれません。

あと、近所のホールでの落語会のアンケートに「**さんを呼んでください」とはっきりくっきり書いてお願いする、という方法もあります。観客としての正しい主張です。

 

そ れ で も。

落語会をやりたい、と思ったら、まずは良い観客になりましょう。

そして、観客だけではいられない、と思ったら、覚悟を決めて落語会を開きましょう。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    煮卵 (土曜日, 20 10月 2018 22:09)

    色々な落語の会を主催されてる方で常識ない人います。個人情報の扱いとか、ビジネスメールとか、ダメダメな人。プチ席亭さんの方が、へんなプライドとか選民意識なく、熱意も愛情もあるという場合もあるのでは?